「自分に嘘をつかずに生きていくこと」を学んだ陸ガメが、先行く人を気にせず、ゆっくりと一歩づつを歩みながら思うことを書いていく。

171019 宿題を戴く

今年の梅雨は、ほとんど雨が降った記憶がない(笑)。でも今朝は秋入梅という言葉が浮かぶ、久々の強くつめたい雨だ。高速道路舗装の排水性は向上したお蔭で、摩擦係数は向上して以前に比べれば随分と走り易くなったが、容赦なく叩きつける雨をワイパーで掻き…

171018 離れていても

「都会は晴れている」とラジオの声だが、こちらは、まるでヒースクリフが出てきそうな低い灰色の雲の下、久しぶりに本籍地に向かう。やるべきことは溜まった事務処理だ。エッコらさとその山を崩していると、西に出っ張った仲間から、急きょ山に行ってやって…

171017 雲海からの脱出

冷たい朝だ。ボチボチ暖房が恋しくなるが、彼女が寄り添ってくれるお蔭で温く眠れる。 しかし、エンジンを掛けると久々に1500回転ぐらいまであがる。Cold Startの時期になったことを教えてくれた。 一日は日常として進み、夕方近くになると同室の若者たちが…

171016 やるべきことをしっかりと

冷たい雨だ。車でも暖房を入れる。しかもA/Cがないと窓が曇るので燃費は気になるが、大事が終わった雨の高速を注意しながら、快適に走る。 山も雨の中、窓を開けると気持ちのよい空気を味わえる。その内に来た仲間と珈琲を飲みながら予定を話し合い、気持ち…

171015 せっかくの雨だから

◆浅草から見た夜のスカイツリー 2017年9月30日 19:00頃撮影 秋入梅か、冷たい雨になった今日。迫った用事となかなかできなかった事を行う。 迫った事は、当然の義務である投票である。期日前投票所に行くと、投票所入場整理券の裏側に必要事項を事前に書き込…

171014 技を盗む

某家具屋が開店して、その渋滞に戦々恐々としながら向かった秋の雨の朝。 目的地に向かう道中にある店に、開店1時間前に接近すると、既に多くの警備員が出ており、渋滞が始まりかけていたが、時間か、雨か、従来の道で無事に目的地に抜けることが出来た。 …

171013 順調に過ごす

今日は二つ予定があったが、昨晩に急に飛び込みがあり、既存の予定の合間に放り込む。 天候は雨の予報もあったが、特に降られることもなく無事にすべての予定を完了できたが、途中で渋滞にはまり少しヒヤヒヤしたしたけど、飛ぶ込みのタイミングよく発生した…

171012 収穫を進める

秋の夕焼けのなか、まるで隕石のような軌跡を残し飛び去る飛行機 熟した果実をもぎ取る為に足場を組み立てる。 一挙にはいかなが、手元に弾はもっているので、もう少し智慧を使って仕上げる必要がある。納期は決めたのでそこまでにしっかりやろう。これは僕…

171011 収穫と種まき

9月中頃の陽気らしい今日は、山でも暑かった。 しかし暦はしっかりと進んで、もう収穫をしなくてはならない。そこで、その下準備の為に段取りを打合せ、さあ行こうとなった。後は実力行使のみだ。 そして同時に来年の種をまかねばならい。種まきの畑は大凡…

171010 二歩進んだ

半袖では少し寒いが、長袖ならば車の窓を全開にして走ると気持ちのよい朝だ。10月なのにから夏日になる予想。過去の気象記録では夏日最終日は、10月17日頃だそうだ。 暑いといっても、今朝は比較的湿度の低い、すがすがしい空気が体を突き抜けていく。久々…

171009 ゆったりと

なんか、車がすくないなぁと思って、山に向かうと駐車場の車も少ない。仕事のメンバーはいるけど、全体的にはゆったりとした雰囲気。窓を開けると久々に感じた空気感が気持よい。 仕事は予定通り進めて、少しゆったりと次の仕事の話を進める。 世の中がお休…

171008 出戻り準備

秋らしい空だったが、昼間は結構な気温。 少しあついなぁ、と思いながら、別々の活動の打ち合わせを掛け持ちする。どちらも僕の心の中では大切だが、しかし少し優先順は必要だと思う。欲張らず、頑張らず、お役に立ちたいと願う。それは覚悟の問題だろう。 …

171007 ワインとお月さま

久々にイタリアワインとシャフ料理に浸る。なかなか予約のとれない馴染みのお店に今晩は入ることができた。シェフの料理と絶妙なワインにしばらく時間を忘れて浸ってみる。 アルコールや美味しい料理が唯一自分を解放する手段ではない。日頃から自分に嘘を付…

171006 有意義な時間

普段の金曜日に、この時間に電車に乗ることはまれだ。 しかし、今晩は特別である。それは大変に有意義な時間を過ごすために来たからだ。 普段はなかなか話せないことを、いろいろと話すために作った機会。そもそもの背景が違って、普通に日常を送っていたら…

171005 コーヒーの香り

高速の大事を避けて山に向かうので、少し時間が余計にかかる。この状態はしばらく続く。 しかし、山はいつものように迎えてくれて、ホッと一息。 今日は大事なお役目があり、準備をして待機中に少しソワソワ。幸いにお役目を無事に果たし、同僚とコーヒーを…

171004 大穴一号

先日発見した穴の一つ、最も大きい穴を埋めて、ひと安心。これで一工程前進。 この先に、まだ比較的大きな穴が残っているが、その工事を請け負うか否かは不明。まあ後はどうにでもなるが、一応、設計書ぐらいは投げてみるかな。その後の判断は、先方に任せよ…

171003 時空間を越える

朝方は肌寒く感じるが昼間は暑い。このサーマルショックに身体を慣らさないとついていけないが、外出のときの服には困まる時期だ。今日は強い西日の浴びながら、上着を着て来たことを少し後悔していた時に、聞きなれたターボプロップエンジンの爆音が響いて…

171002 道筋

朝から雨で渋滞が予想されるが、それに加え極み付けは高速の集中工事開始。今日から10/14まで。なぜか南北に走る国道にトラックが増える傾向にあるので、いつもの通勤路は混んでいた。それでも30分オーバーぐらいで山に到着。窓を開け少し湿っている空気を体…

171001 西に向かう

今回の派遣における様々な任務を終了した後、自立1号と今後の進め方について、情報交換をする。 ここ数年1号を観察して、感じ考えていること伝えると、ほぼ同様に考えているとの返事。面白いものである。 すると1号に黙って仕掛けたことが、ちょうどよく…

170929 おおよそ90年前

この街中を走って、イタズラしていたのだろうと感じながら、ぶらついてみる。もし大東亜戦争がないとか、勝っていたなら、とかが許されるなら、ぼくもここで鰻を捌いていた街、その方が幸せだったかもと今さらながら想う。 これそうで来れなかった街、オヤジ…

170930 まなぶ

考え方を学ぶ。 それは、日本人にとってなじみのある、自らを如何に律するかと言う人生の問いへの方法論。しかしこのふた世代で失いつつあるが、日本人にとって自然発生的で伝統的な方法論。 この様にDNAに染み込んでいる手段を覚醒せずして、西洋の自己啓発…

170928 いろいろ準備

今朝は肌寒さを感じる程、一挙に季節が進んだ感じだ。 明日から少し異次元トリップ。人を待たぬ時間を逃さぬように参ろうか。そのために情報端末を含め、種々準備。 無事に到着して、いろいろと吸収出来ればと有り難い。さてさてどうなることやら、楽しみで…

170927 大粒な雨

明日は雨が降ると、昨日の予報だった。確かに朝方は気温も湿度も少し高めで、空も雲が多い。昼過ぎには空には黒い雲が増え、予報は当たるかもと。 帰りがけどうしても2ヶ所用事があって、駐車場と建屋の30mぐらいで降られないことを祈りながら用事に向か…

170926 穴埋め工事

昨日見つけた大穴、小穴の修繕の方向性を決める。 工程はいいのだが、日程が少し危ないかもね。 でも、3人寄れば文殊の知恵、やって行こう。 ありがとう

170925 急だけど

あっぱれと言っていいだろう秋晴れの下、本籍地に向かう。 すると急な話だったが「面倒をみろ」との指示。何年になるか分からないが、やって来たことを後輩に指導しろと言うことらしい。その背景を聞き、必要性に納得して、細々したことを聞いてみると、なに…

170924 少し相談

縁あるものが集まって、今後の進め方について相談。 日程、役割と内容を決めて、お願いしました。 これで何とか片付くやろう。 ありがとう

170923 再挑戦のステージ

今日は、少し湿度が高めの曇り空ですが、雨は降らない様子。 シンシアの丘に向かうと結構な賑わいで、美人職員さん、先輩ボランティアさんらに聞いて見ると、パピーをパピーボランティアに今後10ヶ月の飼育をお願いする委託式とのことでした。僕が到着した…

170922 あたらしいこと

世の中の大きな動きに反して、最低限にしていたことを世の中目線にしてみる。と言っても完全ではないけどね。 さてさて、どうなるか、楽しみ。 ありがとう

170921 出会い

様々な人と会う。 懐かしい人に「お久しぶりですね、お元気ですか?」 初めての方に「初めまして、これから宜しくお願いします」 と、ご挨拶。 そして、いろいろと話すうちに、以外や以外、灯台下暗しで近くにいい人がいた。これからいろいろと話して見よう…

170920 前に進む

春から取り組んでいたことが、次のステップにいく。 まだまだ鳥羽口、これからが最初の一歩になる。さあ、楽しく進んで行こうと思う。 遠い先の夢だが。 ありがとう