「自分に嘘をつかずに生きていくこと」を学んだ陸ガメが、先行く人を気にせず、ゆっくりと一歩づつを歩みながら思うことを書いていく。

ボランティア

170625 年に一度の再会

七夕の織姫と彦星ではないが、年に一度会っている皆さん。 人生の30代から50代の休日の多くの時間を共有してきた、いわゆる「同じ釜の飯を食う」ボーイスカウト指導者の仲間である。それが集まって互いの無事を確認して、世間話をして、カラオケをする。大切…

170616 新しい仲間との共演

昨日の投稿の詳細です。 tortoise.hatenablog.com 6月16日(金)は、大都会はずれの中学校1年生170名を前に、補助犬、介助犬の講演会。長久手市の介助犬総合訓練センター シンシアの丘から出発。 今日の新人君は、コア(ラブラドールレトリーバーとゴール…

170526 今日はここから始められた。

今日は朝から雨。結構強く降っているが、今日の任務をここからスタート。 玄関ロビーでは、介助犬フェスタ2017で交代した新リニモ駅長のコアのパネルが迎えてくれる。職員たちとも「おはようございます」、「お願いします」と挨拶を交わす。 今日の任務は、…

170515 介助犬ボランティアを続けている理由

陸ガメの記事には「介助犬」関連が多い。そのおもな理由は ameblo.jp に『「犬×障害者」が一つのキーワードである』とか書いているが、もし少し書きたいと思う。 皆さんは「ボランティア」にどのようなイメージをお持ちなんだろうか。ただ「言われたことを黙…