「自分に嘘をつかずに生きていくこと」を学んだ陸ガメが、先行く人を気にせず、ゆっくりと一歩づつを歩みながら思うことを書いていく。

今日の幸せ

171214 久々の場所

大都会を離れて、周辺都市のいつもの珈琲屋で時間調整。 先方の立場、周辺の立場、今日のこと、今後のこと、いろいろと忖度し、話す内容を組み立てながら珈琲を飲む。 視界を拡げ俯瞰して考える、この様な時間が実は大切だったりする。 ありがとう

171213 順調な日

ラジオからスキー場の情報が聞こえて来た。**スキー場積雪150センチ、++スキー場120cm、てな具合に。遂に冬が本格してきたが、スキー場の状態も必要だろうが、とにかく通勤が無事にできる事を願う。 今日は平安で、順調な日だった。これから何が始まるか…

171212 幕開け

「冷たい!」の一言だ。天気予報には、明日この地方でも雪と出て来た。 でも雪の幕開けではない。今年最後の大きなことと来年の始まりである、鬼が笑うかもしれないが・・・。 今年掴んだ良い方向性を、来年に生かせるようしっかりやろう。 ありがとう

171211 第一波 来たる

雪を感じさせる空気、風は冷たい。愛馬が温度を上げるにも時間がかかるようになったが、その唸り声を聞きながら走る。 今日は山から本籍地に向い、波の状況を観察する日だ。まずは第一波の状況が明確になった。覗いてみたら意外だったが、この先2か月ぐらい…

171210 軍事史

昨日の続いてきれいな富士山を見ることができた。30年前には毎日富士山の姿を見ていたが、毎日に見ても飽きない姿だ。さすが日本の霊峰である。それを数年ぶりに見えた。写真はきれいには撮影できなかったが、その姿は本当に素晴い。 今日は昨日のことを書…

171209 認識が変わったよる

詳細は明日

171208 会話

来週には腰雪が降るかもしれないとの予報。冷たい空気は皮膚に刺さる。最近、マフラーをすると結構温かいことに気づく(遅い!)。そこでオヤジの荷物を整理していた時に出て来た古いマフラーを愛用して、厳しい冬に備える。 今日は異文化交流の一環で、簡単…

171207 形になって来た

今日は二十四節気の大雪、平野部でも雪が降りだす時期だそうです。まさに今朝の路肩の温度計は、今年初めてのマイナス1℃を示し、いつ降って来ても、氷りついてもおかしくない。愛馬も長い間、その寒さに悲鳴を上げていた。 山で窓を開けると、空気は冷たいが…

171206 大凡進める

今日は更に冷たくなった。路肩の温度計は遂に0℃表示。橋の上なのど凍結に注意をが必要な時期だ。 しかし山は熱い。出遅れた部分を挽回するためのやらねばならい事を進める。いまできる範囲をやって、まだ手の出して居ないところは、少し時間が必要で納期ぎ…

171205 初挑戦

食わず嫌いではないが、よく行く大都会の高速は極力乗り入れない様にしていた。あの閉鎖、閉塞感がどうも苦手なのと、愛馬のトルクが細く、瞬発的な加減速が難しいこともあって避けていた。 だが今日はどうしても大都会を横断して向こう側に行かねばならない…

171204 台所からの音

台所が狭い。なぜかみんな集まってくる。ミルクまで、その賑やかさに肖ってソワソワして台所に入ってくる。 今日は一層寒さが厳しくなったが、台所からの音は温かい。 ありがとう

171203 便利なものだ

今の世の中、こんな事が手軽にわかる。便利になったものだ。 しかし、わからないものも沢山ある。その最たるものが人間ではないか。それこそ類人猿の時からあまり変わっていないと思われる「人の感情」は、特にそうだろうと思う。 近年の脳計測技術、コンピ…

171202 つづく片付け

予報に反して温くなった今日は、外の作業に打って付けだった。 問題となっていた荷物を外の所定の場所に移動、養生して、物置内の不用なものを出し整理することができた。これで残りの大きな部分にアクセスして整理を進めることができる。 一度にわずかしか…

171201 ゴリゴリと

仕事場 12月になった。本当に時の足が速くなって来たと、つくづく感じる。それだけ時間を過ごしてきたということだろう。 それでも、やらねばならぬことが残っているので、それを推し進める。生を見ながら探って組み立てていくとことは大変楽しい。目的地は…

171130 出遅れた

今年最後の大きな事に向かって準備をする。 本来ならばもう少し早めに開始するはずだが、少し出遅れぎみにスタート。周囲は結構進んでいるらしいが、自分のペースでやり切ろう。幸いに道を同じくする仲間がいる。 rikugame-no-ippo.blog.so-net.ne.jp 共鳴は…

171129 静かだけど

真東に顔を出したお陽様をいっぱい浴びて、静かな朝を迎える。 大部屋には3人で全く静かだが、大きな様々な変化がある。しかしその波そのもがどこに向いているのかわからないなかで右往左往するより、自分のやるべきことをゴリゴリ進めなければならない。 …

171128 あっちこっち

今日はここからスタート。 いつも違う場所の定番の珈琲屋さん、早朝で少し寒い。 しばらく待っていると仲間でがきて、2階に良い席があるとの事で移動。 宇宙まで抜ける青い冬の空。構造物が様々な形に切り取っている。 2階の窓にある信号機に、ちょっとおや…

171117 一歩一歩

この季節の本籍地の月曜日は、建屋が冷えてとても寒い。さらに暖房は最低限20℃設定。建屋がを温める余裕はなく、人の体温を奪う。その冷たい空気の中で、週末からもつ越した日程調整を大急ぎで行って、急きょ出っ張ることにした。 少しバタバタして山に向か…

171126 楽しいお手伝い

彩る銀杏の傘をかざしている黒猫さんに、見送って戴いて出発。 今日も元気に活動開始! お陰様で少し暖かい日となりました。 そして今日のお手伝いは、みかん狩りの昼食のおかず準備。その前に少しアクシデントがありまいしたが、皆さんの協力で何とか無事に…

171125 明日の準備

数年まえから離れていいた活動のお手つだいの準備。 離れて7年ぐらいになるので、何を持っていたか忘れている。でも過去の記憶を思いだしながら、少しづつ行う。 まあ、一人ではないので仲間の力を借りれば、すくなくとも足でまといにならないならない様に…

171124 夜回り

ふらふらと久々な感じで、噂の新しいお店に突撃。 味がしっかりしていて美味しゅうございました、店長さん,スタッフの皆さんも明るく元気で楽しく過ごせました。北の出発点はここかな・・・、 と思いつつ橋を渡ると明日の支度がしっかりとできている様子。 …

171123 ぼちぼちと

今年の冬至は12月22日(金)、あと一ヶ月を切って来た。ボチボチと今年を振り返り、さまざまの事象を評価して、改めて覚悟すること決め、来年の目標と決めようかと思う。それは冬至の頃に書こうかと思う。 本当に激動の一年であったが、先日来協力を戴い…

171122 まだつづく

午後から雨を思わせる曇り空、予報どうりに夕方から雨だ。 山の窓を開けると、お陽様はあるものの雲にかくれんぼ。 そして昨日の宿題の2度目の査読をお願いに上がる。僕は別途やるべきことがあり、それが予想外に早く終了して机に戻ると、「あ!」朱が入っ…

171121 つづき

冷たい朝だった。 玄関を出たところで「寒ッ」とちじこまるが、ふと顔をあげるときれいない空だ。 地平線近くはうっすらと橙色から白くなって、天に向かって少しずつ青くなる。その冬の青空を見ながら山に向かう。愛馬が長い間、悲鳴をあげながら走る。 山で…

171120 何とかここまで

山からの一挙に下ってくると、なぜかいきなりの雨。南西はくすんだ赤色だが、真上は真っ黒な雲。気温が低いと雪かもと考えながら走る。 さてと本番だが、先日来書き溜めてきた資料を提出する形へと書いていく。〆切が無いのがいいのか悪いのかわからんけど、…

171119 類人猿と宴会

久々に大宴会に参加。蕎麦はメンバーがその場で手打ちでつくってくれました。大そうおいしい蕎麦でした。料理はこのメンバーらしい素朴な物ですが、酒だけは種類も量も豊富で、いろいろと楽しめました。しかし、本当の楽しみは多くの人と話ができること。懐…

171118 続く片付け

幸いに、冷たい雨は午前中に上がってくれた。 今日は片付けの途中だが、骨董屋さんが来た。午前中に鑑定してもらう物を集めて山にしておく。中には開けてない物もあるが出しながらの鑑定だ。結果は、さもありなんである。もしかするといいものをゴミとして出…

171117 3時間強のドライブ

朝は冷たかった。気温計では4℃を下回ったようだ。しかし、山は議論と行動で熱い。 そして、その結果を持参して3時間のドライブ。全体は良い方向に進めることができた。 でもこれは始まりの始まり、しっかりと進めたい。 ありがとう

171114 & 171115(合併) ねてまった・・・

昨晩は帰宅直後の寝落ち。こんなにスパッと寝たのは数十年ぶりではないか、眠いと思った瞬間に、PCを開ける間もなく寝ていた(笑)。と言った状態で一日飛ばしてしまって残念! 今朝は雨上がりのせいかあまり冷たくないなか、山に向かう。山に向かうにつれてだ…

171113 馬蹄をかえる

昔、友人が大切にしていたロイヤマックという馬の蹄鉄。記念品として戴く。 蹄鉄をグリルにつけることが流行った時期もあって、馬が人を踏まないことにあやかり、交通安全のお守りだったらしい。 最近の温暖差で、黄色のなった銀杏並木をみながら向かう。少…