「自分に嘘をつかずに生きていくこと」を学んだ陸ガメが、先行く人を気にせず、ゆっくりと一歩づつを歩みながら思うことを書いていく。

想い

171030 舞台稽古

早朝の空は台風一過らしい、雲一つない秋晴れだったが、北風が強く今年一番の寒さだった。山で、気持のよい空気とお陽様を感じながら、やるべきことをやった後に舞台稽古に向かう。 撮影171030 冷たい北風が吹くが、お陽様は優しい陽を与えてくれる。 撮影17…

171028 ここ30年ぐらいを

近くの調整池は豪雨のとき、よく満水のサイレンが鳴る。 今日も台風22号の影響で午後からかなり激しい雨になり、比較的に早い段階から満水を知らせるサイレンが鳴り響いている。レーダーのデータでは雨雲は西に流れており、局地的な大雨は収まって来た様子だ…

171015 せっかくの雨だから

◆浅草から見た夜のスカイツリー 2017年9月30日 19:00頃撮影 秋入梅か、冷たい雨になった今日。迫った用事となかなかできなかった事を行う。 迫った事は、当然の義務である投票である。期日前投票所に行くと、投票所入場整理券の裏側に必要事項を事前に書き込…

171008 出戻り準備

秋らしい空だったが、昼間は結構な気温。 少しあついなぁ、と思いながら、別々の活動の打ち合わせを掛け持ちする。どちらも僕の心の中では大切だが、しかし少し優先順は必要だと思う。欲張らず、頑張らず、お役に立ちたいと願う。それは覚悟の問題だろう。 …

170923 再挑戦のステージ

今日は、少し湿度が高めの曇り空ですが、雨は降らない様子。 シンシアの丘に向かうと結構な賑わいで、美人職員さん、先輩ボランティアさんらに聞いて見ると、パピーをパピーボランティアに今後10ヶ月の飼育をお願いする委託式とのことでした。僕が到着した…

170915 やってみないとね

新しいものを作ったのだが、やっぱり実際にやってみないと分からないことがある。 そのようなことを知ることが、楽しみであり、喜びである。 一つ一つだが、確実に前に進む。 陸ガメはこの方法しか出来ないのである。 結果は必ず出す。 ありがとう

170901 静かに進める

こっそりと宿題をやる。 しかし便利だなぁ、情報は集める事が出来るし、意思疎通も簡単に行える。しかし実際にやらないと分からないこともあるので、実業をやるには完全ではないね。そこをどうするか、だれも答えがない様子。 ありがとう

170824 至らぬこと

今朝、意識が戻ったとき、目覚ましが鳴らないなぁ、と思った。日頃もふと意識が戻っても時計は見ない。それは2,3時間しか眠ってなくて「眠らなくちゃぁ」と思うと更に眠れなくなるので、眼をつぶって寝たふり(笑)、をする。それはまた眠ることができるから…

170823 優しさにつつまれて

朝、昨日の凄まじい雷雨のおかげで涼しかったが雲はあいかわらず低い。しかしその合間から久々に御日様の光と青空を見ることができた。 今日は本籍地でたまった作業をこなして、次の予定確認、メールの整理しながら、それでも合間に主題をやって行く。 そん…

170822 しっかりとできた

重い体を起こすとなぜか朝寝坊。慌てて出ようとしたが、昨日の天気予報で「発雷率90%」と言っていたことを思い出し、取り敢えずPCのコンセントだけ抜いて山に向かう。道中でLAN関連も抜いておきたかったと思いつつ、残念ながらその時間は無かった。 午前中…

170821 おむすび

低い雲の朝、少し遅く出る。まだ夏休みだからだろうか、高速には乗用車やファミリーカーが多く平均速度は少し遅い。しばらく山に向かって走ると雲間からは、御日様が暖かい陽を送ってくれる。そしていつもの場所で窓を開けてみるが、籠った空気はなかなか抜…

170820 地元を知る

最近のマイブームに、歩いて行ける範囲での地元個人経営の居酒屋めぐりがある。安く気楽に行けるお店の探索である。 そこで前から狙っていたが、なかなか入れなかったお店に行くことができた。大凡50年ぐらい営業している昔ながらの居酒屋さん。3代目とその…

170819 One E-mail

朝メールソフトを立ち上げると、遠方からのメールが飛び込んで来た。 内容は日常的な会話だが、送信元の将来を考えると文章が真剣になる。きっとそんな積み重ねが信頼を生むことになるのではないかと願う。 なかなかややっこしい時代だが、少しずつ異なった…

170818 雨に降られない

ラジオから「突然、暗くなり激しい雷、土砂降りとなるので注意をしてください」と気象予報士が呼びかける。まだ降ってないが、朝からのどんよりとした雲がその言葉へ十分な信憑性を与える。 濡れることを予想して準備、その雲の下に向かう。しばらく走ると濡…

170817 100年以上の記憶

【例】昭和3年末か昭和4年正月頃に撮影と考えられる、おばあちゃん方の親戚の写真。この中におじいちゃん、おばあちゃんとその子供(オヤジとその兄弟、つまり私の伯父、伯母)がいる。撮影場所は不明。 今日は平年並みの32℃まで気温が上がり、湿度の高い残…

170816 ほんのわずか・・・

雨音で目覚める少し寒い朝。冷夏というのだろうか、「寒さの夏はおろおろ歩き・・・」と宮沢賢治も書いていた。余計な心配かもしれないが、ビール需要も低迷かと思わせる8月とはおもえない夏。低気圧の影響により雲が取れずに日照がないからだろう、Tシャツ…

170815 片付けの続き

毎年は暑い終戦記念日のように思っていたが、朝は妙に涼しく、タオルケット一枚では寒い。雲は低くところによっては雨らしい。午後には強く降るとの予報だったが、少雨だった。 メディアでは相変わらず「日本がバカな戦争を仕掛け、多くの国民、アジア人を犠…

170814 片付けを進める

2015年2月1日撮影 冬の空とグライダー 空の雲は低く、雨が降って来てもおかしくない天候だ。湿度が高いのだろう、じっとしてもジワッと汗がでてくる。片付け作業で汗だくになったTシャツを着替えた。 その作業結果と時間が無くて処分出来なかった、可燃物、…

170813 言い残せること

自立1号、脛齧り2号と再度話す。 脛齧り2号とは、陸ガメが先日来の気になる点について確認をした。脛齧り2号からの情報提供もあり結構盛り上がる。陸ガメも異文化を知ることに躊躇いはない。正々堂々とぶつかってやるよ。 自立1号とは、様々な現状分析と今…

170812 御盆休み

ところによっては短時間の豪雨があったようで、ラジオからは「5分前から急に降りだした」とか、「**市では今は豪雨で・・・」と聞えてくる。「馬の背を別ける」という言葉を使っていたがまさにそのような感じだ。幸いに家周辺は豪雨はなかったが、外に出る…

170811 会話する

PCを立ち上げたら、セキリュティソフトがどうもおかしい。急いでサポート窓口を調べて電話する。先方も対処法を調べながらの対応、約一時間程度掛かったが無事に復旧する事が出来た。比較的素直な客だと思うけど、サポートの方の忍耐力も半端でない。有り難…

170810 事情が分かった

脛齧りからワインを飲みながら、いろいろと聞いてみる。 それぞれに事情があることがわかる。 これ以上は以後に。 ありがとう

170809 あ~~~良かった

2016年4月22日撮影の満月 台風一過とまではいかない朝。御日様の日差しは強いが、秋空が気持ちよく広がり、風も車の中を優しく流れて行く。何かいいことがありそうな予感。 本籍地に着くと、仲間にも多くの時間割いて戴いて準備してきた峠越えの設置準備と最…

170808 登山道入り口

朝は、台風の余韻が残るはっきりしない天候。山に近づくにつれ雨が降りだす。山の窓開け、少し振り込んでくる雨を気にせず目を遠方に向けると、低く流れる雲、立霧のなか、ことのほか遠くの山々の緑がはっきりと見えた。きっと昨日の風雨が空気の汚れを吹き…

170807 早めに撤収

まるで陸ガメのような速度の台風がやって来た。 今日は遠方からのお客さんと都会で待ち合わせがあって、どうしても向かわないといけない。家を出てみると結構な雨と風。慌ててウィンドーブレイカーを着て傘をさしてバス停に向かうが、その数分でズボンは沁み…

170806 気付きがあったこと

2017年8月6日撮影 今日は「デモとMC部分の全体的なバランスが良かった」とプロから評価を戴いた。これは大変うれしい評価と感じる。 しかし何事も一朝一夕に行かないと思う。失敗や成功を積み重ねて成長をして行くしかない。今日もそんな日だった。事象をみ…

170806 Instagram 始めました

明日は立秋になる今日、早い時間だが気温はかなり上がっている。この地方の最高気温は35℃を越えるとラジオから聞えて来た。百日紅の向こうでは、雲たちが空を支配しようとしているのか、大そうな勢いだ。 日本介助犬協会 介助犬総合訓練センター シンシアの…

170805 降られずによかった

2015年8月1日撮影 今朝の天気予報を聞いていると「午後から雨が・・・」と言っていたが、降られずに良かったですね。 今日は花火大会だけど今年は見ていない。大変多くの方々が見にいらっしゃるので、交通機関は大混雑、歩くのも大変な状況で近ずけない。昔…

170804 仕組みを駆使して

様々な仕組みがあって、それを結果を出すために使う。しかし各仕組みの複雑なルールが絡み合って利用も運営も難しい。でもそれらを使って結果を出すことが一つの智慧でもある。成果を出すために、仕組みの間の齟齬のないようにしっかりとやって行く。 そんな…

170803 しっかりとできた

昨晩は雨が降ったのか、少し道路が濡れたいた。天気予報は曇りのち晴れとか言っていたが、空にはそれらしい雲があり、山に向かっているとワイパーを間歇で動かす程度の弱い雨が降って来た。しかし山に着くと、雨雲をぬけたようだ。 山では久々に窓を開け、山…