「自分に嘘をつかずに生きていくこと」を学んだ陸ガメが、先行く人を気にせず、ゆっくりと一歩づつを歩みながら思うことを書いていく。

感じる

170819 One E-mail

朝メールソフトを立ち上げると、遠方からのメールが飛び込んで来た。 内容は日常的な会話だが、送信元の将来を考えると文章が真剣になる。きっとそんな積み重ねが信頼を生むことになるのではないかと願う。 なかなかややっこしい時代だが、少しずつ異なった…

170815 片付けの続き

毎年は暑い終戦記念日のように思っていたが、朝は妙に涼しく、タオルケット一枚では寒い。雲は低くところによっては雨らしい。午後には強く降るとの予報だったが、少雨だった。 メディアでは相変わらず「日本がバカな戦争を仕掛け、多くの国民、アジア人を犠…

170814 片付けを進める

2015年2月1日撮影 冬の空とグライダー 空の雲は低く、雨が降って来てもおかしくない天候だ。湿度が高いのだろう、じっとしてもジワッと汗がでてくる。片付け作業で汗だくになったTシャツを着替えた。 その作業結果と時間が無くて処分出来なかった、可燃物、…

170813 言い残せること

自立1号、脛齧り2号と再度話す。 脛齧り2号とは、陸ガメが先日来の気になる点について確認をした。脛齧り2号からの情報提供もあり結構盛り上がる。陸ガメも異文化を知ることに躊躇いはない。正々堂々とぶつかってやるよ。 自立1号とは、様々な現状分析と今…

170812 御盆休み

ところによっては短時間の豪雨があったようで、ラジオからは「5分前から急に降りだした」とか、「**市では今は豪雨で・・・」と聞えてくる。「馬の背を別ける」という言葉を使っていたがまさにそのような感じだ。幸いに家周辺は豪雨はなかったが、外に出る…

170809 あ~~~良かった

2016年4月22日撮影の満月 台風一過とまではいかない朝。御日様の日差しは強いが、秋空が気持ちよく広がり、風も車の中を優しく流れて行く。何かいいことがありそうな予感。 本籍地に着くと、仲間にも多くの時間割いて戴いて準備してきた峠越えの設置準備と最…

170808 登山道入り口

朝は、台風の余韻が残るはっきりしない天候。山に近づくにつれ雨が降りだす。山の窓開け、少し振り込んでくる雨を気にせず目を遠方に向けると、低く流れる雲、立霧のなか、ことのほか遠くの山々の緑がはっきりと見えた。きっと昨日の風雨が空気の汚れを吹き…

170807 早めに撤収

まるで陸ガメのような速度の台風がやって来た。 今日は遠方からのお客さんと都会で待ち合わせがあって、どうしても向かわないといけない。家を出てみると結構な雨と風。慌ててウィンドーブレイカーを着て傘をさしてバス停に向かうが、その数分でズボンは沁み…

170806 気付きがあったこと

2017年8月6日撮影 今日は「デモとMC部分の全体的なバランスが良かった」とプロから評価を戴いた。これは大変うれしい評価と感じる。 しかし何事も一朝一夕に行かないと思う。失敗や成功を積み重ねて成長をして行くしかない。今日もそんな日だった。事象をみ…

170803 しっかりとできた

昨晩は雨が降ったのか、少し道路が濡れたいた。天気予報は曇りのち晴れとか言っていたが、空にはそれらしい雲があり、山に向かっているとワイパーを間歇で動かす程度の弱い雨が降って来た。しかし山に着くと、雨雲をぬけたようだ。 山では久々に窓を開け、山…

170801 いろいろと議論

ここ数ヶ月間、準備して来たことを十分に役立てることができた。また普通では交流することの出来ない方々と、いろいろと話しと議論することができ有り難い限りだ。 今後、どのような展開になるかは全くの未知数。流れに身を任せ融通無碍に対応して行こう。但…

170729 仮想

「記録的短時間大雨情報」 www.jma.go.jp が発令されたようで注意が必要ですね。 昼間も用事を済まして歩いていると、ポツポツと体にあたりはじける感触、「あれ?」と思うと雨が降ってきた。近所だったので傘は持ってない。幸いに空は明るく、一挙に土砂降…

170728 準備完了!

ヒグラシの声につつまれながら走る。昼間の蒸し暑さを忘れさせる気持ちいい空気が車内を高速で抜けていく。 走行音と風を楽しみながら振り返る今日 とにかくいろいろとあったが、やっとたどり着いた。あとは時を待つのみとなった。一人の力ではない、協力者…

170724 テレワークの日

今日は、2020年の東京オリンピック時の交通機関の混雑緩和を目指して、国がテレワークを推進する日で、100人以上の単位で参加する企業は930社ぐらいあるそうです。 teleworkgekkan.org 企業から見れば、当然の如く、設備投資が必要で、労務管理面からも不安…

170718 ん~~~

久々に新しい言語で作ったソフトを使ってやるべきことをやる。実際の仕様に合わせて現場で少し修正して、無事に目的は達する。 しかし、もう一つの課題でうまくいかない。でもそれは新しい課題が見つかったと言うことで、再度調査と見直しを行うことに。課題…

170716 暑い日だ

もう梅雨が明けたのでないと思わせる日。蝉たちも朝の時間になると盛んに鳴きだす。 そんな真夏を感じさせる日、自分の課題を少し処理を行う。 そして来週以降の怒涛の日々に備えつつ、平日はなかなかまとまった時間が取れないので、買ってあった本を熱い珈…

170716 続報2 突然の電話

なかなか電話が出来ないことは理由があってのこと。それは構わない。彼の都合で話をしてくれればいい。 昨晩の電話は「実は・・・」で始まり、ありがちなことだが、若干、衝撃的で思わぬ展開をするかもしれないと感じた。 彼自身も追い詰められた様子で、感…

170715 確認できた。

いったい何度だったのだろうか、34℃ぐらいか。 車の中はかなりの高温になった。いつもだと道路沿いの温度計が35℃を示すとA/Cをつけるのだが、今日は我慢できずにA/CをON。毎年夏前の点検時にA/Cを点検するのだが、今年は忘れてしまった。そこで動くか否か不…

170714 大空を感じる

朝は低空の黒い厚い雲の合間から、上空に白い雲と青空が見えていた。今日も所々で局地的な雨があるようだ。 本宅では少し落ち着かないので別宅に移動。そこで静かに宿題に向かう。あれやこれあ考えてやってみる。一度に100点は無理でも、全体的な筋道が通る…

170713 取り敢えず・・・

昨晩の豪雨に洗われたのか、朝の緑はきれいだ。しかし湿度が高いためか谷には霧が立ち込め、低い位置に雲海があるように見える。そんな風景を見ながら、少し呼吸を整え準備する。 しかし、今朝は少し違うピリピリ雰囲気。まるで昨晩の雷の電流が残っているよ…

170712 あ!

なんとなく重たくうつろな時に「起きろ」のオーダー。ごそごそと動き出すと彼女も「ごはん?」と言いたげな目を向けてくる。「なぜ体が重いのかなぁ」と思うつつ、とにかく日常を始める。彼女も食器の前から熱い視線を送っくる。いつも時刻から10分ぐらい遅…

170711 新しいこと

梅雨とは思えない朝、車の窓を全開にして山に向かう。昨日は秋を思わせるほどの空気感だったが、今日は少し湿度がある感じだ。しかし山で窓を開け、すがすがしい空気を体に入れる。 やるべきことをやってから、自分の新しい任務に向かう。 新しいことを学ぶ…

170710 順調な日

さほど蒸し暑さを感じさせない朝、日常を済ませ山に向かう。 車の窓を全開にして、少し肌寒い程度で気持ち良い風を感じながら走る。ラジオから聞こえる天気予報では、場所によっては雷を伴った突然の雨があるようだ。そんな天気予報が当たるかもと思わせるよ…

170709 環境整備

効率化のために少し環境を整備した。これでやり易くなるだろう。 投資をした分の回収はしなくてはならない。今後さらにしっかりとやって行きたいと思う。 ありがとう

170709 深い付き合いの彼女

陸ガメはゆっくりと深く付き合う方が好きだ。 逆に言えば「その場限りに、適当に付き合う。」という場面は大人として対応するが、本音は苦手なので誤解される場合もある。それは陸ガメの欠点ではあるが、その場で終わる程度なら誤解されてもしかたない。そう…

170707 日常を想う

福岡、大分では歴史的な豪雨で多くの方々が大変な思いをされているとのこと、お見舞い申し上げます。 七夕の今日、陸ガメは相変わらずの本籍地での処理と宿題との格闘をしておりましたが、如何にその日常が脆く、無常であることは阪神、東北、度重なる局地的…

170705 夕焼けを見た。

関東では台風一過の青空が広がったようだが、こちらは低い雲があり、山には霧が立ち込める。ラジオでは西日本は前線の影響で雨が降るかもとの予報。この天気だと忘れてしまうかもしれないが取り敢えず傘を持って行く。 午前中、夕方といろいろと会話をして方…

170703 日々の常

汗がぐっしょりだったが、いつもよりスッキリと目が覚める。 昼間の蒸し暑さを予想させる朝、日常を済ませて今日は本籍地に向かう。祝日でもないのに、月曜日だからなのか、なぜか道路は少しすいている感じだ。 たまった事務処理や予定確認を済ませ、メール…

170702 紫陽花まつりの中

人を探しに三ヶ根山に来た。紫陽花祭りの最中だが、ビックリするような人も在らず、幸いにも雨にもならず、薄いくものした、西浦半島越しに渥美半島まで三河湾を見渡せる良い天気でした。 実は三ヶ根山には、もしかしたらあまり知られて無いかもしれない、大…

170630 あ~~~良かったとひと安心

5月の中頃から、右目に違和感を感じていて近くの眼科で見てもらった。若干問題がありそうなので、6月末位に再度検査をすることになっていました。そこで今日行って来たのが、特に病的な状況でなく加齢によるものとの結論。但し半年毎ぐらいに検査をすること…

170628 2つの話

夜中から降っていたのかも知れない、梅雨らしいシトシトと続く雨音で目覚める。 日常を済まして、雨に気を付けながら高速を山に向かう。山は低い霧に包まれていたが、窓を開け適当に水分を含んだ空気を体深く入れると、気持ちよく、体全体が包まれるような感…

170625 年に一度の再会

七夕の織姫と彦星ではないが、年に一度会っている皆さん。 人生の30代から50代の休日の多くの時間を共有してきた、いわゆる「同じ釜の飯を食う」ボーイスカウト指導者の仲間である。それが集まって互いの無事を確認して、世間話をして、カラオケをする。大切…

170623 今日はBig Presentを受け取った

Presentは午後からの配給だったので、午前中に宿題の自分なりに解釈をして骨格を作る。それは関係者と合意を取れる様にしっかりとやろうと思う。 そんなことをやってるうちに遂に待望の物が届く。 まだ若干の不足物があるが早速、基本的な設定をして行くのだ…

170623 続報 突然の電話

先日の話 tortoise.hatenablog.com さてさてどうしたものかと思案した結果、先日こちらから電話をしてみた。 「どうだ、こっちにきて銭湯でもいって、旨い物でも食べて、ゆっくりと話さないか」と誘ってみたものの、返事は「時間がない」の一点張りだった。…

170622 ご近所さんと世間話

久々にゆっくり眠れた朝、いつもの日常をして気持ちの良い風を感じながら、山に向かう。 午前中は昨日のモヤモヤを解消するために短い議論をして、やるべきことを明確に出来た。しかしなぜか、気持ちがどんよりして前に進めない。そんな梅雨の中休みに曇り空…

170615 橋のかけ方がわかった。

近頃よく行き来する、リンゴの世界と窓の世界。 リンゴの世界はどちらかと言うと閉鎖的。でも昔に比べたらよく開国されている。最近は必要に迫られて二つの世界をよく行き来しているのだが、そこでやはりいろいろと持ち帰って行きたいものもあり、それを何と…

170614 すがすがしい日だった

なぜか、がんばるか! と目覚める 早朝はすこし肌寒いが、梅雨ということを忘れさせるぐらいスカッとした空を見ながら、車で向かう。お日様は確かに優しい光を送ってきてる。気持ちのよい光とヒンヤリとした朝の空気を体に入れながら、小鳥たちのさえずりを…

170613 ひとまとめできた

今日はお作法に従った様々な動作で、たまった分を一挙にこなす。 それが終わった後に本当の時間。その限られた時間で頭のなかを整理して絵を描き、ひとまとめにして出荷、終了した。しかしその時にふと耳に入ったことで考え込んでしまった。 そこですこし外…

170612 「気付き」が大切と再認識できた。

今日は大都会へ行く。大都会では30階を一分程度で上がるエレエベータに文明を感じ、大きな構造物を築き続ける技術の素晴らしらさを感じる。 しかし本題はそこで無く、何と言っても往復の電車で本が読める事が嬉しい。そこで、分かった気になっていた「合理的…

170611 突然の電話

この歳なると、夜や早朝の電話への準備はある程度できている。しかし今回の電話はある意味ほっとはしたが、反面実に重い感情を受け止めないといけない内容だ。 それは従弟からの電話。「随分前に会った時に、陸ガメが元気がなくて心配だから電話をかけた」と…

170609 褒められた!?

会社の健診では血液採取されるんだが、針を刺されるは年に1度か2度あるか無いかで、別に嫌でもないので、いつも体に針が入って行くところを、観察というか、ガン見している。 ところが先日血液採取される時に、看護師が「あら、立派な血管ね!」とか言うじゃ…

170607 気がつけば・・・

時間的には寝たはずなのに少し重いからだを起こし、いつもの時間、いつもの日常を始める。僕が起きると彼女も起きて日常を始める。僕が朝食の準備をしている間、彼女はお皿の近くでお座り待機中。自分のしかけをしておいて、手が空いた合間に彼女に朝食を準…

170605 6月4日のことだけど

彼女のお誕生日、13歳になりました。 人間だと80歳に近いのかな。今年なってご飯を変えたら、目やにが減ったような感じです。 fieldgaines.ocnk.net 彼女の両親はオージーなので彼女も外国人。でも日本語はペラペラ(笑)。 ビーグルですが、黒い色の無い「レ…

170604 恩返し

初夏を思わせる爽やかな風と優しいお日様に、色づいた紫陽花が揺れる五月晴れの日 外に行きたい衝動を抑え、整理の続きが出来た。 お袋はマメな人だったので様々ものが遺されている。家計簿、日記、手帳など思ったことをさっと書いたもの、子供たちの学校関…

170602 すがすがしい日だった。

さあ出かけようと、外に出ると夜に雨が降った様子。いつものように山に向かうが、Radioからは「豪雨で目が覚めた」とのE-mailが紹介される。久々に朝まで眠れたので気付かなかった。 山で窓を開けると、なんとすがすがしい空気だろうか。遠くの山には霧がか…

170601 傘を忘れずにすんだ。

午前3時か4時か、窓、屋根、外壁をたたき壊しそうな音で目が覚める。よくよく聴いてみると雨の音だった。「雨か・・・」とウトウトしていると目覚ましからオーダーが来る。日常を済ませ、外に出ると以外にも雨は上がっていたが、今日は山に行く。少し混ん…

170531 コーナーを抜けた

今日は久々の山に向かう。その時は高速を使うのだが、その途中にジャンクションがあって乗換をしていく。その過程に大きな曲率のコーナーがあり、方向をほぼ90度転換して高速を乗り換える。、そこのコーナを本当に綺麗に抜ける事ができた。 速度は流れにの…

170530 異物を排出した

昼すぎまでに、先週にやりかけていた資料を整理作成しながら考え事。大凡のイメージをつかむ。後は意見を聞いて、細部を具体的に詰める段階。 そこで午後は少し時間があったので、気になっていた異物を排出しに行く。今、ちょっと痛い(笑)。でもこの痛みは生…

170529 気持ちよく目覚めた

このところ眠りの質が悪い日が続いているが、今朝は不思議なもので、なにか憑き物が落ちた感じでスッキリと目覚めた。 お蔭で仕事も集中して済ます事ができた。やはり睡眠の質が良いと昼間も捗る。昨日整理を始めたことがいい方向に行くかもと、ちょっと取ら…

170528 少し整理を始めたこと

宇宙に行けそうに思える突き抜けた空からのお日様に、爽やかな風に揺れる紫陽花 紫陽花も温かく優しい陽を浴び嬉しそうだ。先日、見たときに比べ花が開きつつある。 そんな気持ちのよい日に実家の整理に少しだけ手を付けた。今さらなのだが、捨てるもの、残…