「自分に嘘をつかずに生きていくこと」を学んだ陸ガメが、先行く人を気にせず、ゆっくりと一歩づつを歩みながら思うことを書いていく。

171212 幕開け

f:id:yamanekohanemuranai:20171212201900j:plain


「冷たい!」の一言だ。天気予報には、明日この地方でも雪と出て来た。

でも雪の幕開けではない。今年最後の大きなことと来年の始まりである、鬼が笑うかもしれないが・・・。

今年掴んだ良い方向性を、来年に生かせるようしっかりやろう。

ありがとう

 

171211 第一波 来たる

f:id:yamanekohanemuranai:20171211202122j:plain


雪を感じさせる空気、風は冷たい。愛馬が温度を上げるにも時間がかかるようになったが、その唸り声を聞きながら走る。

今日は山から本籍地に向い、波の状況を観察する日だ。まずは第一波の状況が明確になった。覗いてみたら意外だったが、この先2か月ぐらいは首がつながった(笑)。取り敢えず、これで年が越せる。

その先は全く闇の中だが、淡々と進めよう。

ありがとう

171210 軍事史

f:id:yamanekohanemuranai:20171210205359j:plain



昨日の続いてきれいな富士山を見ることができた。30年前には毎日富士山の姿を見ていたが、毎日に見ても飽きない姿だ。さすが日本の霊峰である。それを数年ぶりに見えた。写真はきれいには撮影できなかったが、その姿は本当に素晴い。

今日は昨日のことを書こうと思ったが、少々酔っているので、次回に回そうと思う。

 

観点は二つ

真珠湾攻撃に関する軍事的観点

・当時の世界情勢を踏まえた開戦の経緯

歴史はその断面だけを今の物差しで評価しすることは全く意味がない。その当時の様々な世界情勢と国内世論など、様々な要因が複雑に絡む。現在の2元だけで議論することには全く意味がない。

どれだけ、当時の状況に冷静に迫れるかがカギだ。

軍事史研究は、人間研究である。

ありがとう

 

 

 

171209 認識が変わったよる

f:id:yamanekohanemuranai:20171209210042j:image

詳細は明日

 

171208 会話

f:id:yamanekohanemuranai:20171208210835j:plain


来週には腰雪が降るかもしれないとの予報。冷たい空気は皮膚に刺さる。最近、マフラーをすると結構温かいことに気づく(遅い!)。そこでオヤジの荷物を整理していた時に出て来た古いマフラーを愛用して、厳しい冬に備える。

今日は異文化交流の一環で、簡単な夕食を異文化居候と二人で行って来た。居候はなんでも食べるので選択は簡単だ。飲食店街をブラブラして、好きそうなところで庶民的なご飯を一緒に食べる。

他愛もない会話だが、少しづつ理解を深めるきっかけとなるとうれしいが、互いに理解をするには時間は必要だ。

自分のためにだけでなく、大切な人の為にもしっかりと、理解を深めたい。

この様な機会を与えてくれた脛齧り2号に感謝する。

ありがとう

事の始まりは、一年3か月まえの出来事

ameblo.jp

171207 形になって来た

f:id:yamanekohanemuranai:20171207200540j:plain


今日は二十四節気の大雪、平野部でも雪が降りだす時期だそうです。まさに今朝の路肩の温度計は、今年初めてのマイナス1℃を示し、いつ降って来ても、氷りついてもおかしくない。愛馬も長い間、その寒さに悲鳴を上げていた。

山で窓を開けると、空気は冷たいが、ピーカンの空のお陽様は温い光をいっぱい送ってくれた。その気持ちよさに時間を忘れるが、タイマーが乾いた音で時間を知らせてきた。そうだ今日も準備をしなくてはならない。

あれや、これややって、夕方には格好がついて来た。本番にはまだ若干の不安があるものの、やれることはやって来た。もう、本番を楽しもうと思う。

最後に鋭い意見をくれた仲間に感謝する。

ありがとう

171206 大凡進める

f:id:yamanekohanemuranai:20171206200245j:plain


今日は更に冷たくなった。路肩の温度計は遂に0℃表示。橋の上なのど凍結に注意をが必要な時期だ。

しかし山は熱い。出遅れた部分を挽回するためのやらねばならい事を進める。いまできる範囲をやって、まだ手の出して居ないところは、少し時間が必要で納期ぎりぎりで判断をする日程だ。

しかしここまで来たのも、過去の蓄積のお蔭である。

納期はすぐだが、しっかりやろう。

ありがとう

 

171205 初挑戦

f:id:yamanekohanemuranai:20171205181759j:plain


食わず嫌いではないが、よく行く大都会の高速は極力乗り入れない様にしていた。あの閉鎖、閉塞感がどうも苦手なのと、愛馬のトルクが細く、瞬発的な加減速が難しいこともあって避けていた。

だが今日はどうしても大都会を横断して向こう側に行かねばならないので、昨晩からどの方向から攻める入るか、経路探索してあれこれと検討していたが良い経路がない。良い経路と言うのは、極力道なりに行けるコースで、JCTでの乗り換え回数が少ない経路のことだ。昨晩は結局、良い経路が見つからず諦めて寝てしまっ

しかし早朝に、ふと別の探索条件を思いつき目が覚めた。その検索結果は、良い経路をばっちり掘り当てた。ちっとばかり距離は伸び、JCTはあるけどが、都会に侵入した後の経路が道なり。そして、実際に走った結果も狙った通りで、スムーズに往復することができた。

大都会横断の高速版、初挑戦は無事に成功した(笑)。早朝に何方がアイデアを送ってくれたかはわかないけど、感謝します。

ありがとう

 

171204 台所からの音

f:id:yamanekohanemuranai:20171204191428j:plain


台所が狭い。なぜかみんな集まってくる。ミルクまで、その賑やかさに肖ってソワソワして台所に入ってくる。

今日は一層寒さが厳しくなったが、台所からの音は温かい。

ありがとう

171203 便利なものだ

今の世の中、こんな事が手軽にわかる。便利になったものだ。

f:id:yamanekohanemuranai:20171203180240j:plain

しかし、わからないものも沢山ある。その最たるものが人間ではないか。それこそ類人猿の時からあまり変わっていないと思われる「人の感情」は、特にそうだろうと思う。

近年の脳計測技術、コンピュータ技術の進歩に伴って進んだ確率統計的データ処理法・機械学習などの進歩で、文学的心理学が科学的になって来たとはいえ、やはり知り得ない事が多い、特に因果関係となるとさっぱりと分かってないと思う。また「科学」は人が作り、その物差しは「物質」に向けられている故に、科学が人を理解できるものだろうか? と「物質(脳)」と「心」のあいだの谷の深さを感じるのは僕だけだろうか。

その様にまどろこしくしなくても、御釈迦様や禅宗などの「心」についての仏教的な説明は理解し易く、僕にはしっくりくる。

 

f:id:yamanekohanemuranai:20171203170622j:plain


さてさて、この一ヶ月で何が起きるか分からないけど、ワクワクする異文化交流が始まった。どれだけその心に寄り添えるか、結果は置いといて、出来る限りは尽す。

この機会を与えてくれた事に感謝する。

ありがとう