「自分に嘘をつかずに生きていくこと」を学んだ陸ガメが、先行く人を気にせず、ゆっくりと一歩づつを歩みながら思うことを書いていく。

180212 脳という装置

 

f:id:yamanekohanemuranai:20180212144030j:plain

都の朝

 

冷たい北風が吹き、もしかすると雪かと思いながら、都に向い勉強会に参加。そこで日本周辺の状況を学ぶ。地政学上、中共と露だが、その中でも中共の動きは皆さんがご存知のように強烈なものである事が、客観的なデータと専門家による緻密な解説でよく理解できた。あまり報道にのらないことが大いに問題だ。

詳細は以下のURLを参照

www.mod.go.jp

地元に戻っても、都より冷たい北風に晒されたが、その道中で脳について興味深い本を読む。

成熟脳: 脳の本番は56歳から始まる (新潮文庫)

成熟脳: 脳の本番は56歳から始まる (新潮文庫)

 

著者は人工知能研究者で、対話用人工知能の専門家である。そのような専門家が脳について、くだけた内容で書いた本。年齢的にも気になるテーマに惹かれた。

簡単に書けば、脳の成長・変化は7年周期で進み、最大出力装置となるのが56歳ごろとのこと。特に28歳までは壮大な入力装置で、その後さまざまな経験などで入力データを整理し、56歳で整理が終了。その後、フル出力装置となる。その後も少なくとも112歳まで成長してくとこと。但し脳は各個に事前に寿命を決めているらしい。

更に男性脳と女性脳の違いが面白い。著者が女性であり、その違いをご自身の生活上の体験を例えにして説明してあり、大変解かり易い。一言で言えば、男性脳=ゴール指向問題解決型モデル、女性脳=プロセス指向共感型モデル(ともに199ページ)だそうで、全く違うものとのこと。見た目は同じようでもその動作仕様が全く違うので、互いに「そのような仕様の装置として、取扱いを理解した方がよい」という趣旨が面白く、なるほどと思う。

また 最近、個人的キーワードとなってる「日本とイタリア」の類似性が面白い。自分自身の体験で日本と伊太利の感性がよく似ている印象を持っていたので、それがそれぞれの言語の母音の発音方法の類似性にあると説明されて、これも納得だった。

詳細はお読みください。

日本海側の雪が収まり、冷たい風に梅の香りがのることを願いながら、興味深い体験をした休みだった。

ありがとう

180210 想いは半ば

突破して今がある。

無常ではあるが、ここ一所として「今、只今」を楽しもう。

ameblo.jp

ありがとう

180201 防空壕跡?

冷たい冷たい日々が続く時ですが、時期のずれた新年会会場へ向かう。その途中で35年ぐらい前に「ここは防空壕跡か」と思った場所を久々に見つける。その近くは散々通っていて、確か防空壕があるはず、と思っていたがなかなか見つけることができなかった。しかし今回偶然にその形状に当時を思い出した。

f:id:yamanekohanemuranai:20180201194443j:plain

防空壕跡 ?

実は本物の防空壕ではなく、工事途中の駅舎の思い出です(笑)。当時はこの先に改札があって、この階段の周囲は土嚢が積んであり、まさに地下に潜る感じで入っていった。その様がまさに「防空壕」だったので自分勝手に防空壕と読んでいた。今は改札、ホームはこの上にありそこを頻繁に利用していたので、この跡に気付かなかった。今回はたまたま会場がめったに通らない場所にあり、そこにたどり着くために記憶となった場所を見つけることができた。この街に通うようになって35年近くやっと疑問が解けた。

f:id:yamanekohanemuranai:20180201194430j:plain

赤銅色の皆既月食中のおっ月さん

また帰り道、天体望遠鏡で夜空を見上げる集団をみて、「あ! 今日は皆既月食」と思い東の空を見上げると、ぼやっと赤色のお月さまが見えた。スマホの写真ではうまく撮影できないけど、肉眼ではしっかりと見ることができました。

チョットした偶然で楽しい夜を過ごす事ができました。

ありがとう

 

 

 

 

 

180128 おやつがかり

一週間後に立春だが、冷たい日が続く。今日も昼頃でも3℃程度、朝は氷点下だった。その冷たさを吹き飛ばす元気いっぱいの活動に参加して、今日はおやつがかり。

f:id:yamanekohanemuranai:20180128144540j:plain

懐かしのおやつ

 パンの耳を軽く上げて三温糖をまぶした揚げミミ。そういえばどんな名前なのか知らないけど、子供の頃にお袋が時々作ってくれた懐かしのおやつ。今日再び出会えるとは思っていなかった。お袋は日干しして揚げていたので、もう少しカリッとしていた気がするけど、その素朴さはかわらない。

今の子供たちにとって、その素朴ゆえにもの足りないおやつかもと思ったけど、冷たい外でいっぱいお遊んできた子供たちは喜んで食べてくれた。

ささやかなお手伝いだけど、楽しい時間でした。

ありがとう

 

 

 

170122 なぜか同様なことを考えている過去

 関東では雪。こちらもいつ雪に変わってもおかしくない冷たい雨が、14時ごろから降りだす、明日は雪かもしれない。交通機関も一部では混乱状態。今年の大寒は1月20日だそうだが、しばらくこの冷たさが災害にならないことを祈りながら、冷たさを楽しむしかない。

f:id:yamanekohanemuranai:20180122204810j:plain

都会の田舎から雪山を望む

冷たいと思考もよく似てくるのだろうか、過去の同じ日に同様なことを考えている。今は「覚悟」の実践が課題と認識している。2014年はオヤジを送った年か・・・。

 

ありがとう

rikugame-no-ippo.blog.so-net.ne.jp

 

ameblo.jp

180121 考え方、感情と脳

人はなぜ様々な感情、考え方を持つのか、 心と脳の関係性は興味深い。電気化学的な変化が感情や考えを生むことはしくみとしてぼんやりと理解できるが、やはりその因果関係には大きな隔たりがあり、脳の不思議さを感じる。

そんな観点からも興味深い本だ。

脳に刻まれたモラルの起源――人はなぜ善を求めるのか (岩波科学ライブラリー)

脳に刻まれたモラルの起源――人はなぜ善を求めるのか (岩波科学ライブラリー)

 

様々な倫理的、政治的、社会的判断、感情の違いが、脳の器質的な違いで説明できる可能性があると、多くの脳計測の論文や実験から説明をしている。もちろん仮説もある。

その中で印象的なことは「孤独感」の強弱が脳のある部位と相関関係があるとの話。その部位は「社会的な信号」を知覚する機能部位でその部位の機能の高低が孤独感の強弱になるとのこと。社会的な信号を読み取れない事が孤独感の始まりで、低機能ゆえに社会的な信号を読み取ることが苦手な人が、上手く生活できないことで結果的に孤独感を強める可能性があると。

なるほど、確かに犬猫でも、誕生から1,2か月程度は母親と兄弟たちと一緒に暮らし、その後1歳程度までそれぞれの社会(群れ)の中で基本的なお作法を学ぶ「社会化」が重要である。その初期の社会化時期に人間が邪魔をせず、さらにその後に人がうまく介入して人間社会に慣れさせることで、動物と人が共生がうまくいく事が知られており、「社会化」の重要性が言われている。そして動物愛護法にその主旨は織り込まれている。動物の種によって遺伝的な傾向はあるものの、その後の環境(例えば教育)でコミニュケーションを上手くとる方法論を具体的に教え、経験を積むことで「孤独」は回避できる可能性があることは、人でも容易に想像がつく。

そして自分自身を振り返ると、孤独感が強く、コミニュケーションが苦手である。この状態は遺伝的な器質と環境的な影響を受けて、この当該部位が平均より機能的に低い可能性があると科学的には納得しておこう。しかし実際は今後の自己鍛錬で挽回しようと改めて思う。幸いにも苦手だろうが、得意だろうが、とにかく最善をつくさねばならない環境になっている。

感じていることが定性的にでも説明され、納得できたことに感謝する。

ありがとう

 

 

 

 

180118 先端が古い

f:id:yamanekohanemuranai:20180118202700j:plain

おどろき


妙に温かい朝、服をどうしようかと悩みつつ久々に東に出っ張る。先端の内容を確認に来たが、多くの人が詰めかけていた。

蒸し暑い人込みを掻き分け回ってみると、先端が実は日本の伝統工芸に支えられていることが分かった。大きな驚きだ。この情報を得ただけでも来た甲斐があった。

ありがとう

 

180116 ほッと一息

f:id:yamanekohanemuranai:20180116175706j:plain

スコッチを飲みたくなる珈琲屋さん


新年になって2週間が過ぎたが急に春めいた陽気で、上着があると暑いぐらいだ。構築中の秘密基地はほぼ整って環境は整備されつつある。物理的な準備が進む中、第2波に対する構えの議論が本格的になって来た。

様々な話が舞っているが、隠れ家的な珈琲屋さんで一息。そこのブレンドは初めて飲むが、香りから甘さ、酸味、苦味、そして後味への変化が、実にバランスよく滑らかに、爽やかさを感じる新緑の春のような、絶妙な一杯。これを秘密基地で入れる珈琲の目標と設定した。

また、まず自分では選択しないお菓子ですがそこの手作りのカボチャプリンは、甘くなく風味よく、珈琲にぴったりの美味い久々のスイーツでした。

ちょっと遠いお店ですが、また機会があれば訪れてみたい珈琲屋さんでした。

ありがとう

残念ながら、珈琲とプリンの写真はない。

180114 主亡き工房

久々に氷った。

さて行こうと思い車を見てみると「ガラスが濡れているなあ」と思った。でもエンジン点火してワイパーを動かしてみると「あれ? 滑ってる」。そうフロントガラスに氷がついていた。こんな時はいつものようにガリガリ板を使って氷を削りとっていると。近所の人が「今日は地面がツルツルに氷っているよ、北側は特に危ないよ」と、「そうですね、注意して運転していかないとね」と、ガリガリやりながら朝の挨拶代わりの会話。

取り敢えず安全な視界を確保して出発である。向かうはある職人さんのお宅向かう。彼は七宝焼きの素地を一枚の金属版から手作りで叩き出す最後の職人で、現在は機械で叩き出しをいする人が多いらしいが、その風味は誰にもまねはできないだろう。

f:id:yamanekohanemuranai:20180114183321j:plain
f:id:yamanekohanemuranai:20180114183313j:plain
右は作品のやかん、左は作品の一部。いずれもその曲線は素晴らしい。

 

f:id:yamanekohanemuranai:20180114183326j:plain
f:id:yamanekohanemuranai:20180114183332j:plain
右は叩き出しのための様々道具、右は鍛冶屋の道具かもしれない

この様な伝統的な職人さんたちが減少していくことは大変寂しい。

でも最後にこのような世界を見せて戴いたことに感謝します。

ありがとう

ちなみに下記のような施設があるようです。ご興味ある方は行かれたらいいかもしれません。ちなみに僕は利害関係者ではありません(笑)

あま市七宝焼アートヴィレッジ


 

 

180112 乾杯 !

f:id:yamanekohanemuranai:20180112222831j:plain

Salute!


年末から年始にかけての一ヶ月、よく頑張ったと思う。

異邦人を迎え。言いたいことを飲み込み。拙い語学だが最低限の会話と行動に抑え、もてなしたつもりだ。それでも周囲から批判された。でも「やるべきこと、出来ること、はやった」と、やっと今日の至福の一杯。

この歳でも、かなり希に人様から褒められる。それは子供の時より嬉しいと感じている。きっとあとが無いと思っているからだろう。しかし今日は自分を褒めたいと思う。

そのような時空間を持てることに感謝する。

ありがとう