「自分に嘘をつかずに生きていくこと」を学んだ陸ガメが、先行く人を気にせず、ゆっくりと一歩づつを歩みながら思うことを書いていく。

171019 宿題を戴く

f:id:yamanekohanemuranai:20171019200627j:plain

 

今年の梅雨は、ほとんど雨が降った記憶がない(笑)。でも今朝は秋入梅という言葉が浮かぶ、久々の強くつめたい雨だ。高速道路舗装の排水性は向上したお蔭で、摩擦係数は向上して以前に比べれば随分と走り易くなったが、容赦なく叩きつける雨をワイパーで掻き分けながら山に向かう。

山の雨は冷たいが、情報と人はいつもホットだ。

昨日持ち越したことをいろいろと議論した結果、重要な宿題を戴いた。それは新しい知識を入れる良い機会だ。常に新しい扉を開けて向こうへ行かなければ先がないが、それほど心配はない。持ち前の好奇心と今までの経験・知識で、しっかりと行く自信はある。

宿題をくれた人に感謝し、さっそく参ろうぞ。

ありがとう

171018 離れていても

f:id:yamanekohanemuranai:20171018205231j:plain


「都会は晴れている」とラジオの声だが、こちらは、まるでヒースクリフが出てきそうな低い灰色の雲の下、久しぶりに本籍地に向かう。やるべきことは溜まった事務処理だ。エッコらさとその山を崩していると、西に出っ張った仲間から、急きょ山に行ってやってほしい事があると、電磁的お手紙が舞い込む。

山で別の仲間と相談したいこともあったのだか、今日はその仲間の時間が取れずに困っていた。そうだ少し現地に行けば、5分でも立ち話しぐらいはできるだろうと行くことに決めた。事務山をささっと平地にして、本当の山に向かう。

やはり行ってよかった。仲間も心配をしてくれて話のために時間を作ってくれた。そのお蔭で悩み事が少し進む。そして西からきた電磁的お手紙用事も無事に済ますことができた。

文明の利器は距離や時間を越えて情報共有が可能で便利だが、最後は面着して意思疎通を図らないとなかなかすすまない。結論は明日に繰越だが、最低限の情報共有はできた。

仲間の気持ちに感謝する。

ありがとう

171017 雲海からの脱出

f:id:yamanekohanemuranai:20171017211205j:plain


冷たい朝だ。ボチボチ暖房が恋しくなるが、彼女が寄り添ってくれるお蔭で温く眠れる。

しかし、エンジンを掛けると久々に1500回転ぐらいまであがる。Cold Startの時期になったことを教えてくれた。

一日は日常として進み、夕方近くになると同室の若者たちが外を見ながら、「天空の城」だとしばらく騒いでいた。僕は考えごとをしていたが、その騒ぎが少し長く続いたので、そちらに行って外を見てみると、なんと霧の塊が、雲海が建屋に迫まり、いずれは飲み込まれそうな気配。

外に出ると、駐車場も何やら薄っすらと霧の中。昔、湿度が90~100%となる地方にいたことがあるが、まさに水の中を歩いているかのようだ。しかし気温は低く冷たい。エンジンも朝と同じく、回転数があがり寒さを主張してくる。

しかし、なぜか高速を走っているとすごく安らかな気持ちになった。全く不思議だ。まさに霧が晴れたかのような気持ち。

時間は霧も晴らしてくれるようだ。

ありがとう

 

171016 やるべきことをしっかりと

f:id:yamanekohanemuranai:20171016200754j:plain


冷たい雨だ。車でも暖房を入れる。しかもA/Cがないと窓が曇るので燃費は気になるが、大事が終わった雨の高速を注意しながら、快適に走る。

山も雨の中、窓を開けると気持ちのよい空気を味わえる。その内に来た仲間と珈琲を飲みながら予定を話し合い、気持ちを解く。

今日はみっちりと予定があり、もしかするとお役目が当たるかもしれないので、ちょっと緊張気味だったが、予定も無事に、楽しく、しっかりとできた。

ありがとう

 

 

171015 せっかくの雨だから

f:id:yamanekohanemuranai:20171015200308j:plain
f:id:yamanekohanemuranai:20171015181230j:plain

◆浅草から見た夜のスカイツリー 2017年9月30日 19:00頃撮影


入梅か、冷たい雨になった今日。迫った用事となかなかできなかった事を行う。

迫った事は、当然の義務である投票である。期日前投票所に行くと、投票所入場整理券の裏側に必要事項を事前に書き込んでおけば、それを渡して、なんの書類を書かずに投票できる。以前と違って投票のしやすさがそうさせているのか、皆さん忙しいのか、結構にぎわっていた。いいことですね。

そしてせっかくの雨だからと、なかなかできなかった買い物と机上の整理(笑)。

十分ではないが取り敢えずいらない物を捨て、使用可能な面積を広げていると、その下から、なんと「重要なお知らせ」! 恐る恐る開封してみると、急を要することでなくて安堵してスッキリした。

そして、積んであった資料も整理と同時に少し読む。この資料にはきちんと時間を割いて勉強をしなければならないので、読み易いように整理。これは必ず読む。投票の日にこの資料に再度触れることになったのは偶然だが、きちんと学びと実践が必要な内容だ。

ありがとう

171014 技を盗む

某家具屋が開店して、その渋滞に戦々恐々としながら向かった秋の雨の朝。

目的地に向かう道中にある店に、開店1時間前に接近すると、既に多くの警備員が出ており、渋滞が始まりかけていたが、時間か、雨か、従来の道で無事に目的地に抜けることが出来た。

今日は任務でなく、舞台練習と見学である。見学と言っても、全体的なイメージは一ヶ月前につかんでいたものの具体的な部分がまだだったので、台詞を把握した後に美人訓練士たちの技を盗みに来た。

 

tortoise.hatenablog.com

 

舞台練習も新しく加える部分。早めに着いた時間でその台詞を読み込んで舞台練習を開始。従来と違って、犬、訓練士、MCの息が合わないと伝わらない内容。それだけに「間」のとり方が難しく、その点を訓練士に指摘され修正する。また、読み込んだ結果、疑問となっていた部分を質問してみると、「なるほどね」と思える回答。やはり専門的な観点から見るとその回答に納得できる。やはり聞いてみるものである。

そして、見学で美人訓練士たちの実技を観察。言葉や全体リズムを見ていたが、やはりプロ。知識、経験、場数が違うことを思い知らされたが、その差を埋めることが目標となり原動力になる。

最後に、この追加部分のお披露目の日程を決めた。それまでに台詞を入れないといけないが、新たに挑戦の場を設けて戴いたことが嬉しい。

 

f:id:yamanekohanemuranai:20171014191142j:plain
f:id:yamanekohanemuranai:20171014173408j:plain

今日は久々にお会いするベテラン訓練士と新人訓練士とペアーでのお仕事紹介デモ。息が合っていてしっかりしたデモでした。いつ見ても勉強になります。ワンコはベテランPR犬のキャロル。ボチボチ引退かもしれない。

 

f:id:yamanekohanemuranai:20171014173354j:plain
f:id:yamanekohanemuranai:20171014173338j:plain

本日、舞台練習の相手をしてくれたワンコ

左 初顔、スパーク(男の子)

右 ジゼル(ラブラドールレトリーバ 3歳の女の子)

 

日本介助犬協会の職員さん、ボランティア仲間など、実に多くの方々のお蔭でボランティアできることに感謝します。恩返しできるよう、しっかりとやって行くしかない日々である。

ありがとう

 

 

 

 

 

171013 順調に過ごす

f:id:yamanekohanemuranai:20171013205802j:plain


今日は二つ予定があったが、昨晩に急に飛び込みがあり、既存の予定の合間に放り込む。

天候は雨の予報もあったが、特に降られることもなく無事にすべての予定を完了できたが、途中で渋滞にはまり少しヒヤヒヤしたしたけど、飛ぶ込みのタイミングよく発生したのでロスなくこなすことができた。

夜になって文明の利器を使いこなす為の準備、以前からの宿題をやる。

ありがとう。

171012 収穫を進める

f:id:yamanekohanemuranai:20171012202552j:plain

秋の夕焼けのなか、まるで隕石のような軌跡を残し飛び去る飛行機

 


熟した果実をもぎ取る為に足場を組み立てる。

一挙にはいかなが、手元に弾はもっているので、もう少し智慧を使って仕上げる必要がある。納期は決めたのでそこまでにしっかりやろう。これは僕だけのためでなく、一緒にやって来た仲間のためでもある。

昔は、このような想いはなかったが今はそう感じる。この気持ちにしてくれた仲間に感謝する。

 ありがとう

171011 収穫と種まき

f:id:yamanekohanemuranai:20171011201653j:plain


9月中頃の陽気らしい今日は、山でも暑かった。

しかし暦はしっかりと進んで、もう収穫をしなくてはならない。そこで、その下準備の為に段取りを打合せ、さあ行こうとなった。後は実力行使のみだ。

そして同時に来年の種をまかねばならい。種まきの畑は大凡目処をつけているが、具体的な準備はまだだ。しかしその準備開始、方向性を決めた。あとは周辺状況への対応と説得である。これらは大変骨が折れるが、あと数年を過ごすための大切な業務。

収穫の喜びと種の芽生えを楽しみに、しっかりとやろう。

そのような覚悟できる仲間に感謝する。

ありがとう

171010 二歩進んだ

f:id:yamanekohanemuranai:20170907211139j:plain

半袖では少し寒いが、長袖ならば車の窓を全開にして走ると気持ちのよい朝だ。10月なのにから夏日になる予想。過去の気象記録では夏日最終日は、10月17日頃だそうだ。

暑いといっても、今朝は比較的湿度の低い、すがすがしい空気が体を突き抜けていく。久々に山で建屋の窓を全開にして、山々を眺めながら地球と宇宙の連続性の中での自分を見つめてみる。そんな時間が至福の時でもある。

さて、昨日の懸案を関係者を召集して検討する。うむ、現場では気付かなかった詳細がみえてきて、課題をまとめ次につなげる準備をする。その後の処理は仲間に任せ、自分の任務、少し手つかずであった事をして、少し相談。結果、これも一歩進んでいく。

一日に二歩も進めることはそうはない。仲間と様々な仕組みのお蔭である。

ありがとう